「海の伝説」の記事一覧

フライングダッチマン号

海の伝説

幽霊船フライングダッチマン号(さまよえるオランダ人)はアフリカ最南端の喜望峰近海で天候の悪い日に現れると言われています。 ケープタウンの港があるテーブル湾に入りたくても入る事が出来ず、今も近海をさまよっており、この船を見・・・

ホーン岬の白い老人

海の伝説

アフリカ大陸最南端の喜望峰付近では幽霊船伝説「フライングダッチマン号」が有名ですが、南アメリカ大陸最南端にも「白い老人伝説」という有名な怪奇伝説があります。 南米大陸の最南端の「ホーン岬」は、マゼラン海峡より南に位置し1・・・

セントエルモの火

海の伝説

洋上で天候が悪いときなどに船のマストの先端で光がゆらゆら揺れているのが見える事があります。 船乗りたちはこの光を「セントエルモの火」と呼んで突然の嵐や雷から船を守ってくれる守護神としてあがめました。 嵐の後など、乗組員が・・・

クラーケン

海の伝説

航海者や海賊に限らず漁師など海で生活する全ての船乗りが恐れた伝説の怪物です。 海が凪で船が進まなくなり海面が泡立ち始め、やがて水中からマストほどの大きな突起物が現れ船に絡み付いて海に引きずり込むと言われています。 元々北・・・

セイレーン

海の伝説

海での遭難は必ずしも嵐など海が荒れたときばかりでなく、波が静かな時でも座礁等の事故は起り得ます。 古来の人々はそのような何かに魅入られたように事故を起こしてしまうのは魔物の仕業と考えました。   静かな夜の海で・・・

レヴィアタン(リバイアサン)

海の伝説

英語発音では「リバイアサン(leviathan)」で、むしろこちらの方が現代日本ではメジャーかもしれません。 レヴィアタンは旧約聖書に登場する3体の怪物のうちのひとつでヘブライ語の「liwjatan(渦をまいた)」が語源・・・

バミューダトライアングル

海の伝説

アメリカのフロリダ半島・プエルトリコ・バミューダ諸島を結ぶ地域で、毎年3000万人の観光客が訪れるバハマ諸島からほど近い海域ですが、世界有数のリゾート地である一方で中世から現代に至るまでこの辺りで消息を絶つ船が後を絶たず・・・

クラバウターマン

海の伝説

バルト海・北海に古くから伝わる船に宿る妖精です。地域によって伝わる内容はまちまちのようですが、概ね船の運命を左右するほどの強烈な悪事を働くような妖精ではなく、むしろ善良な伝承が多いようです。「クラバウターマンが宿る船は沈・・・

和歌山の宝島

海の伝説

和歌山市の友ヶ島には江戸時代に瀬戸内海で大暴れした海賊「つむじ風剛右衛門(つむじかぜごうえもん)」が隠したお宝が今も眠っているという伝説がある。この剛右衛門と言う人物の本職は廻船問屋。港において商船を相手に積荷の売買をは・・・

ページの先頭へ