北海・バルト海の海賊

このあたりの海は比較的陸が近いので船から目視できることもあって古くから海上交通が盛んな地域でした。

それゆえ海賊の歴史も古く、様々な文献に見られます。


そんな中から、歴史に名前が残るほどの大暴れをした大海賊たちを紹介します。

nseamap

アルビダ

北海・バルト海の海賊

アルビダ(アルヴィダ)は5世紀にスカンジナビアに登場したとされる伝説の女海賊だ。 現代ではその存在自体を疑問視する声もあり、実在の人物なのか?おとぎ話の主人公なのか? その真偽ははっきりしていない。 伝承ではゴート族の王・・・

リューリク

北海・バルト海の海賊

史上には大きな功績をあげ歴史に名を遺した海賊もたくさんいるがこのリューリクほどの功績を遺した海賊はいない。なにしろ彼は国を興して王になってしまったのだからしかも驚くべきことにその国と言うのは「どこかの地方の小国」などでは・・・

グレイス・オマリー

北海・バルト海の海賊

16世紀イギリスのエリザベス1世と同時期に隣国アイルランドのウール王国族長の娘として生まれ、別名グラニュエールともいう。 ウール王国は古くから漁業と共に海賊稼業を営みつつ生きて来た国だが、その王国の女王であるグレイス・オ・・・

ルネ・デュゲ=トルアン

北海・バルト海の海賊

18世紀初頭フランスの国民的英雄と謳われた私掠船の船長だ。 当時の私掠船は国家にとっては海軍に準ずるものであり、そう言った意味では正規軍ではなくとも第一線での戦闘行動を任された「傭兵」に似ている。 ルネ・デュゲ=トルアン・・・

ページの先頭へ